リアクション起きたカイ

【超速gp】シーズン17・18デジタルコブラサーキット振り返り

超速グランプリもシーズン18まできたな。今回はスピードとコーナーリングの速さが決め手だっただろう。タイムはトップ層22秒と4秒差だった。

デジタルコブラサーキットシーズン18結果

今までトップ層と10秒差の実力だったが、チケット50枚10連でスライドダンパー星3が出たためタイムを縮めることができた。6千位台は初である。

そしてかがやーくAクラスへ(hey!)

グランプリの傾向として各パーツに特化した改造をすると有利になるようだ。
FRP強化マウントにしてもスラスト角を増やす、逆に減らして低スラストにする。軽量化のみ改造、スタミナ耐久特化など用意しておけば各グランプリに生かせる。
特化改造や無改造の組み合わせがうまくいくパターンか、スピード勝負のウデマエ50による能力上げが有利なパターンか、グランプリの攻略のパターン化されてきた気もする。パーツのレア度に依存せずタイムを縮める楽しさは健在だ。

今回、スピード2700以上のA、最高速32km/hのとき、耐久性270以下だとコースアウトしやすかった。
耐久280以上ならコースアウトせずスピード下がらず。最終耐久300で安定。ローラの耐久レースだった。
スピード出しすぎるとレーンチェンジの上りきったコーナーで吹っ飛ぶ。
ウデマエが47になった際にコースアウトが目立ったため、終盤は軽量化ソニックセイバー(節電少々)にて調整、26秒台キープでシーズン終了。

次に最速タイムのセッティングをかきこ。

シーズン18で26秒102出したセッティング

【ボディ】
 シャイニングスコーピオン
 限界軽量化×2、冷却能力向上×4

【シャーシ】
 タイプ2
 限界軽量化×2、ギヤ位置の固定、軽量化×3

【モーター】
 レブチューン
 冷却ブレークイン回転数×2、トルク重視×2、慣らし走行、3Vブレークイン回転

【ギヤ】
 超速ギヤ
 ギヤフローティング加工×2、ギヤ位置の固定×2、ギヤ研磨×2

【フロントホイール】
 ナローワンウェイF
 限界軽量化×2、ギヤ精密調整×2、軽量化×2

【フロントタイヤ】
 レストンスポンジ橙F
 トレッドパターン加工×2、タイヤウォーミングアップ×4

【リヤホイール】
 大型ワンウェイ黄F
 タイヤの固定×6

【リヤタイヤ】
 大型スリック赤
 タイヤ面取り×2、タイヤグリップ落とし×4

【フロントステー】
 FRP強化マウント
 剛性補強×4、スラスト角の減少

【ローラーフロント】
 19mmゴム大径アルミベアリング
 ローラー抵抗抜き×2、ローラー摩擦を強める×2、ローラー摩擦を弱める

【サイドステー】
 ポール付きFRPショートサイド
 剛性補強×4

【ローラーサイド】
 ローラー用13mmボールベアリング
 ローラー抵抗抜き×2、ローラー摩擦を強める×2、ローラー摩擦を弱める

【リヤステー】
 ダブルアルミステー
 剛性補強×3、ネジの締め調整剛性補強×2

【ローラーリヤ】
 上19mmゴム大径アルミベアリング
 ローラー抵抗抜き×2、ローラー摩擦を弱める×2
 下19mmゴム大径アルミベアリング
 ローラー抵抗抜き×2、ローラー摩擦を強める×2

【ウィングローラー】
 スライドダンパー
 スライドダンパーグリス調整×4、エアロダウンフォース増加
 14mmプラベアリング
 ローラー摩擦を強める×4、ローラー抵抗抜き×2

【スタビライザー】
 フロント
 スタビ摩擦を弱める×4、スタビ摩擦を強める(Lv.1)
 サイド
 スタビ摩擦を弱める×4

【アクセサリー】
 真ちゅうピニオンギヤ
 ギヤ研磨×4、ギヤ慣らし×2

【中空軽量プロペラシャフト】
 ギヤ研磨×4、ギヤ慣らし、プロペラシャフトメンテ

【ゴールドターミナル】
 ターミナル磨き×4、ターミナルチェック×2

【放熱フィン】
 冷却能力向上×6

ボディとシャーシは耐久がないスピード改造のため、主にローラの耐久を上げた。特にダブルアルミステーとポール付きFRPショートサイドが高い。19mmゴム大径アルミベアリンが3個引き当てたことも大きかった。ローラは下摩擦あり抵抗減らし、上軽量摩擦弱め抵抗減らしが速くなった。タイヤ前小後大のスピード重視、もう少しパワーがあれば速くなる気がする。

なおシーズン19ハイパーダイブサーキットは絶賛コースアウト中!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA