ゴールドスコーピオン

ゴールドスコーピオン

ゴールドスコーピオン とは

スーパーファミコンのカセット『ミニ四駆シャイニングスコーピオン レッツ&ゴー!!』の先行予約特典であり、ゲーム内のスーパーグレードジャパンカップレースに優勝すると土屋博士から送られるミニ四駆である

特徴は全ボディの中で一番軽く
攻略本によると空力が3番目に高い(1.トライダガーZMC 2.サイクロンマグナム 3.Gスコーピオン)
ボディの性能でいえば最速の類のマシンなのだ

しかし金製品?だからか?
改造ができないため、肉抜きとボディを削って大型タイヤを装着することができない。
そのためとにかく遅いことで有名であり、チートなくしてSGJCレースの優勝は非常に難しい 。
否、ムリゲーと言っても過言ではない

何度も試したが4位すらなれず…
ネット上の動画の1位はチートであると考えられる。
実際にチート前提で優勝という宿願を果たしているのだろう。

ただしスーパー1以外のシャーシの装着は可能(熟練度5以上)
タイヤバグでどこまでいけるか挑戦した動画
最後に見切れず登場し1分27秒台まできた

フルver

だがしかしレブチューンピークとタイヤバグで追いつけないので不可能なんじゃないか…(セッティングは動画終盤)
ウルトラでも試したが27秒83とかだった

関連記事:レブチューンで遊ぶシャイスコ

ちなみに同じセッティングでスコーピオンのボディなら1分25秒台 遅い遅い言うからじゃあ一般のレースではどうか

走らせたのがこちらの動画▼

SGシティ右上の模型店のコース パワーチャンプゴールドを入れ、タイヤはうっかりパワーのない干しタイヤのままだったが、このくらいのスピードは出る。たしかにワイドや大型タイヤと比べたら遅いが、かなり遅いということはない。

つまりセッティング次第では、他のボディでバグなし小径ホイールでSGJCレース優勝できるくらいであれば、まだ可能性があるのではなかろうか。

追記 

ゴールドスコーピオン SGJC 4位

ただしフライング。1分27秒台であれば一台くらい抜かせるだろうと試した。
熟練度225、TZシャーシ、マッハピーク、タイヤバグ、重量202g。
200gのタイヤバグでも4位と僅差であるが、これ以上スピードが出ないあたり、おまけボディにすぎないということだろう。

使い道としては一般レースでセイバー600と並べてゴールドボディを見せつけ1位を取る。あるいはいっそのことチートで遊ぶことだろうか。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA